トラブル解決に不動産会社|損しない不動産売却を知る【競売へ持っていく流れにしない】
家の模型

損しない不動産売却を知る【競売へ持っていく流れにしない】

トラブル解決に不動産会社

男女

旧法と新法がある

借地とは、他人の土地を建物所有などのために借りることを指します。しかし借りこと=借地権発生とはならず、借りて何に使うのかという目的や有償なのか無償なのかにおいても権利は異なってくるのです。種類も多くあり、賃借権・地上権・永小作権・使用借権・地役権など、これらは借地借家法という法律に基づいています。また借地権には、旧借地権と平成4年に制定された新法があり、契約した時期がいつなのかによっても適用される法律は変わってきます。現在でも、この新旧が入り乱れており、相談する場合にはこれらを詳しく知っている人に聞くことが前提となるのです。民法に強い弁護士であれば、こういった相談に親身に乗ってくれる可能性があります。

不動産会社による解決法

法律のことだから弁護士に、というのはもっともですが、より気軽に相談するのなら不動産会社を訪れる手もあります。借地権に関する問題は、不動産のプロでも解決法を見つけ出すことは可能です。特に、不動産鑑定士資格を有する人がいる場合は、より詳しく相談に乗ってもらえる可能性があります。借地権に関するトラブルは、多くが金銭問題を伴います。ちいさな問題であっても、ゆくゆくは大きなトラブルに発展しかねないのです。当事者同士で解決できない場合も多く、第三者に入ってもらうことで感情的にならずに解決することも可能です。弁護士などを立てると大事になりがちな場合でも、不動産会社による介入であれば事を荒立てずに進めることもあります。専門的知識を持った人に相談することが大切ですから、悩んでいる場合には無料相談に訪れてみてもいいでしょう。